世界クラスの製造

先進オートメーション

ウェハーは自動的に25ウェハー容量を有するフロント・オープニング・ユニバーサル・ポッド(FOUP)に移動されます。加えて、ベイ間で自動搬送システム(AMHS)を活用したロット移動が実行され、ベイ間でFOUPから天井軌道レール追従型搬送車(RGV)へ引き渡されます。当システムは通常、200 mm製造工場の無人搬送車(AGV)インターベイシステムより3~4倍の速度となっています。加えて、シンガポールのFab12i には、操作効率を高めるため、装置間通信技術が整備されています。

300Fabオートメーション- UMCは製造効率、フレキシビリティ、フロント・オープニング・ユニバーサル・ポッド(FOUP)、自動化材料処理システム(AMHs)、天井軌道レール追従型搬送車(RGV)搭載の最新自動化システム制御に対する要求に応えています。

つまり、300mm 生産におけるUMCのリーダーシップにより、コスト効率が高まり、製品化までの時間が短縮されます。今日のシステムオンチップ(SOC)設計に搭載されている先進技術及びダイサイズの増加に伴い、これらの要素は企業競争力の維持にすごく重要になっています。

ページの先頭へ
A+ A-

Leadership
企業情報
投資家情報
社会的な責任
プレスルーム
採用情報
Popular Links