IP&設計手法

リファレンス設計フロー

ディープサブミクロン設計の課題に対し、聯華電子(UMC)リファレンス設計フローは製造実現性により製品化への時間を削減するEDA 設計手法をクライアントに提供しています。UMCリファレンス設計フローは第三者EDAベンダーのベースラインの設計フローを統合しており、タイミング封鎖、シグナル統合、電力消費、製造実現性に向けた設計課題に対処するため、シリコン対応のプロセスライブラリにの階層的な設計アプローチを採用しています。聯華電子(UMC)のリファレンス設計フローは、RTLコーディングからGDS-IIジェネレーションまでカバーしており、Cadence、Magma、Mentor、Synopsys のEDAツールに対応しています。全てのツールはUMCシリコンと相関性があり、フレキシブルに交換可能です。

顧客にメリット

聯華電子(UMC)リファレンス設計フローは、クライアントが設計プロセスにおいてライブラリ、PDK/ファウンドリー設計キット(FDK)やツールを使用する前に、ライブラリ、テクノロジー、ツール、フローの課題を最小化または解消し、シリコンの実際動作を予測することができます。要するに.時間をかなり短縮させます:
テープアウトまでの時間
製品化までの時間
量産化までの時間

ページの先頭へ
A+ A-

 

Leadership
企業情報
投資家情報
社会的な責任
プレスルーム
採用情報
Popular Links